東北文教大学・南山形地区創生プロジェクト
 南山形に根付く文化財(文化資源)を積極活用した地域振興策を大学と南山形地区がタッグを組み、新しいかたちの地域連携を目指すことを目的として立ち上げられたプロジェクトです。本学の学生・教職員および地域のプロジェクト委員・協力委員と共に、具体的に5つの実践プランに分かれ、4月から本格的に動き出しました。ホームページでは、各実践プランの経過状況を報告させていただきます。
 
新着情報
 
実践プラン5 「谷柏田植踊」(20数年中断中)の復活・...06/13 16:20
第41回 民俗芸能講演会に出演  平成29年2月11日(土)、アズ七日町 山形市中央公民館ホールにて、山形市民民俗芸能連合保存会主催の第41回民俗芸能講演会が行われ、特別出演団体として、谷柏田植踊保存会が招待され、地域の方々と本学...
実践プラン4 南山形地区再発見の「講座」開設06/13 15:37
 6月から10月まで、毎月1回のペースで全5回の講座を開催致しました。各講座の受講者数については以下の通りです。 【受講者数一覧】 第1回 「南山形地区と方言」  48名 第2回 「南山形地区の考古遺跡」  58名 第3回 「氷河期...
実践プラン3 DVD「南山形地区物語(仮称)」作成・上映活動06/12 14:50
DVD「おもしゃえがらみでけろず~南山形文化探訪」完成!  平成28年度、実践プラン3・DVD班は、地域の方々と学生、教員が話し合いを重ね、文化編のDVDを作成することを目標に、様々な所に足を運び、取材しました。このDVDには、江...
実践プラン2 「南山形地区ガイドマップ」作成06/12 14:34
「自然・歴史 まるぐマップ」完成!  本実践プランでは、南山形地区のガイドマップ作成に取り掛かり、今年度の活動の成果として「自然・歴史 まるぐマップ」が完成しました。  「まるぐ」という言葉は「南山形ことば」で「束ねる」という意...
実践プラン1 「2万年の歩みを刻む南山形を知る・楽しむ」活動06/12 14:16
周遊コース策定! 「氷河期の埋没林」、「片谷地の一本スギ」の看板設置!!  本実践プランでは、学生・地域の方々・教職員が南山形地区の自然と歴史を巡り、①自然・茂吉コース、②いにしえの郷コース、③歴史コースの3つの周遊コースの策定を...
自然・歴史まるぐマップを掲載しました03/31 13:30
 このマップは、南山形地区の自然と歴史を巡る周遊コースを紹介しています。マップの作成は、東北文教大学と南山形地区が一つにまとまり、共同作業をして完成させたものです。  「まるぐ」という言葉は「南山形ことば」で「束ねる」という意味があり...
実践プラン4南山形地区再発見の「講座」開設12/13 15:05
―全5講座が終了しました―  お陰様で予定しておりました5講座全てが終了し、合計で244名と非常に多くの方々に受講いただきました。足をお運びいただきました皆様、そして講演いただきました講師の方々、誠にありがとうございました。今まで知...
実践プラン5「谷柏田植踊」(20数年中断中)の復活・継承運動12/13 14:22
★復活!「谷柏田植踊」特集★  平成28年10月9日(月)東北文教大学祭にて、「谷柏田植踊」が初披露されました。当日は雨の予定でしたが、天候にも恵まれ野外で実演を行うことができました。野外に高鳴る寄せ太鼓の音に惹きつけられ、地域の方...
実践プラン5「谷柏田植踊」(20数年中断中)の復活・継承運動09/07 16:51
10月に行われる本学大学祭での実演を近い目標に、まずは唄・太鼓・踊り手の役を割り振り、貴重な資料やビデオから唄や踊りを起こす作業を行っています。唄はこれまで口伝えで継承されていたため、地元協力委員である伊藤香織さんがビデオから聞いた音...
実践プラン4南山形地区再発見の「講座」開設09/06 16:56
第1回「南山形地区と方言」加藤大鶴氏  加藤准教授は、2010年に南山形での調査を開始し、web版南山形ことば集を作成して方言を音声で残す等、南山形のことばについて研究を積み重ねておられます。今回の講座では、「言葉の歴史は川の流れと...

事務局連絡先

〒990-2316 山形県山形市片谷地515
東北文教大学南山形地区創生プロジェクト委員会
東北文教大学「未来に伝える山形の宝」事務局
TEL.023-688-2298