活動報告

報告一覧
1234
2021/08/20

東北文教大学・南山形地区創生プロジェクト 2020年度全体報告

| by kanri1
 東北文教大学・南山形地区創生プロジェクトとは、南山形に根付く文化財(文化資源)を積極活用した地域振興策を大学と南山形地区がタッグを組み、新しいかたちの地域連携を目指すことを目的として立ち上げられたプロジェクトです。本学の学生・教職員および地域のプロジェクト委員・協力委員と共に、具体的に5つの実践プランに分かれて活動しております。本プロジェクトは、2016年度から本格的に始動し、2020年度で5年が経ちました。

 2020年度当初に予定しておりました各実践プランの計画の多くは、非常に残念ながら新型コロナウイルスの影響により、中止せざるを得ない状況となってしまい、皆様にもご迷惑をおかけしてしまいました。簡単ではございますが、以下2020年度各実践プランの活動概要です。

 実践プラン1 「2万年の歩みを刻む南山形を知る・楽しむ」活動 

南山形周遊バスツアーは新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止。

 実践プラン2 「南山形地区ガイドマップ」作成 

2018年度にマップが完成し、バスツアー時に活用していたが上記同様中止。

 実践プラン3 DVDの作成 

2018年度に全3編完成済み。鑑賞会(上映会)の企画の中止。

 実践プラン4 南山形地区再発見の「講座」開設 

新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止。

 実践プラン5 「谷柏田植踊」の復活・継承運動 

感染防止対策を講じながら引き続き継承活動に励み、5つの場で実演。

※以下は、2020年度特に活動の多かった「谷柏田植踊」の活動についての詳細をご報告致します。


14:26
2021/08/20

実践プラン5「谷柏田植踊」の復活・継承運動

| by kanri1
 令和2年2月に、東北文教大学民俗芸能サークル「舞」の新メンバー5期生12名は、卒業を前にした先輩方から谷柏田植踊の演技の手ほどきを受けて順調に継承活動をスタートさせました。ところが新型コロナウイルス感染が次第に拡大し、大学は6月上旬まで遠隔授業を余儀なくされ、その間はまったくサークル活動はできませんでした。年度当初に行っていた地域の方々との「顔合わせ」は、従来の対面授業が出来るようになってからようやく実現しました。

 その後は、マスクをして密を避けながら学内での練習を重ねましたが、しばらくブランクがあったため、夏休み期間中も先輩方が出演したDVDを見ながら数日練習日に当てました。さらに下谷柏公民館に出かけて合同練習も行い、最初に依頼を受けた外部公演(9月末)に備えました。今年度はコロナ禍の真っ只中にありましたが、幸いなことに全部で5回ほど外部から公演依頼をいただいたのは本当にありがたいことでした。以下は今年度の活動報告です。

14:22 | 実践プラン5
2021/08/20

2020年度 谷柏田植踊活動報告

| by kanri1

第1回:9月28日(月)

 山形イブニングロータリークラブから依頼を受けて公演を行いました。
 谷柏田植踊の衣装は中断する以前から使用していた古いものでした。山形イブニングロータリークラブからは、古い衣装をぜひ新調させていただきたいという大変ありがたいお話があり、数十万円をかけてしばらく製作していただいておりました。その後、新衣装が完成した際のお披露目公演を依頼されていたのがこの日です。
 中太鼓1人・源内棒2人・早乙女5人の計8人が真新しい衣装に身を包んで演技披露をさせていただきました。

第2回:10月16日(金)

 山形県社会教育連絡協議会から依頼を受け公演を行いました。当日は山形県社会教育研究大会及び村山地区社会教育推進協議会研修会が開かれ、開会行事の直後に「地域文化活動発表」として披露させていただきました。
 会場は山形駅西口に新築された山形県総合文化芸術館(やまぎん県民ホール)の壮麗な舞台で約500人の社会教育関係者を前にして演じることができました。



第3回:11月3日(火)<文化の日>

 伝承文化支援研究センター主催の「伝承文化フェスティバル」に出演しました。場所は山形市の「リナ・ワールド」で、屋外での公演は初めてのことでした。
 このフェスティバルは例年イオンモール山形南で行っていたとのことですが、コロナ感染防止のため会場を変更して屋外実施になったということです。晴れ間がのぞく青空のもと、噴水前の中央広場でのびのびと披露することができました。


第4回:11月20日(金)

 山形県農業共済組合(NOSAI)の依頼を受け公演を行いました。当日はNOSAIの山形県事業推進大会が天童市の本所にて行われ、「全体研修会」の場で披露しました。
 農業と「田植え芸能」というご縁があってお招きをいただいたようですが、約150人の県内各地の職員の方々の熱い視線を浴びながら披露することができました。

第5回:令和3年1月17日(日)

 FM山形の主催で「第3回新春伝承芸能フェスティバル」が天童市の「イオンモール天童」を会場に行われました。巨大な施設の中で多くの買い物客が行き交う1階中央を舞台として、他の3団体とともに出演しました。
 ホールの常設舞台もさることながら、買い物フロアを特設舞台として演じる体験は貴重なものでした。この様子は、後日FM山形の特別番組としてラジオ放送されました。

14:05 | 実践プラン5
2021/08/20

2020年度「谷柏田植踊」の復活・継承運動メンバー紹介

| by kanri1

東北文教大学民俗芸能サークル「舞」第5期生 12名 部長:関口 輝

  1. 阿部光伶 総合文化学科2年  早乙女
  2. 市川萌李    同      早乙女
  3. 大内優輝    同      陰太鼓
  4. 大木翔太    同      陰太鼓
  5. 佐藤駿太    同      源内棒
  6. 佐藤花南    同      早乙女
  7. 菅野留衣    同      早乙女
  8. 関口 輝    同      源内棒
  9. 新野 咲    同      中太鼓
  10. 横山 楓    同      早乙女
  11. 高橋瑠衣    同      陰太鼓
  12. 荒木仁那    同      マネージャー
    (顧問:菊地和博・鈴木 純・金子香織)

谷柏田植踊保存会(地域在住者) 13名
 会長:枝松昭雄

  • 唄:伊藤哲雄 石井慶市 丹野裕志 高瀬 勲
  • 笛:情野卯エ門
  • 鉦:金沢英雄 伊藤香織
  • 口上:横沢正巳 枝松昭雄
  • 寄せ太鼓:東海林明美 中村京子
         渡辺千矢子 渡辺正江

13:56 | 実践プラン5
2021/08/20

2021年度の計画

| by kanri1
 プロジェクト始動から5年!地域と大学とが協力して、南山形地区に眠る魅力を再発見し、それらを伝えるべく精力的に活動して参りました。これまで各実践プランが、マップや看板、DVD等を作成したり、講座やバスツアーを開催したり、谷柏田植踊の復活・継承に励んだりと、様々な成果をあげることができました。日頃より地域の皆様に支えられていることを改めて感じ、心より感謝申し上げます。

 そして、当初は5か年計画であった本プロジェクトは、2021年度で6年目となりますが、各実践プランの活動を継続して参ります。2021年度の具体的な計画はこれからですが、これまでの実績を生かしながら、南山形地区の自然・文化財を積極的に活用してより皆様に楽しんでいただけるよう、各実践プランのコラボレーション企画なども検討して参ります。

 依然として新型コロナウィルス終息の時期は見えない中ではございますが、2021年度活動の方向性が決まりましたら、改めて周知させていただきます。今後とも引き続きどうぞよろしくお願い致します。

13:51 | お知らせ
2020/03/30

実践プラン1 2万年の歩みを刻む南山形・プラン2 ガイドマップ作成

| by kanri1
実践プラン1「2万年の歩みを刻む南山形を知る・楽しむ」活動
実践プラン2「南山形地区ガイドマップ」作成
第3回 羽州街道コース

 9月28日(土)、今年度第3回目の野外ミュージアム南山形周遊バスツアーを実施しました。「自然・茂吉コース」、「いにしえの郷コース」に続き、今回は「羽州街道コース」を巡りました。今回の参加者はリピーターの方が半数以上いらっしゃったため、須川の埋没林ではビギナーコースとアドバンスコースに分かれて、ガイドを進めました。今回の昼食では、初の試みとして、南山形コミュニティーセンターにてDVD鑑賞会及び芋煮会を実施しました(DVD鑑賞会の様子は次ページに掲載)。芋煮は与右エ門亭さんにご協力いただきました。美味しい芋煮を食べて会話も弾み、心もお腹もいっぱいに満たされました。午後は、渡辺久右エ門家にて貴重なお宝を拝見させていただき、最後は、バス車内でガイドを聞きながら、昔の風景を思い浮かべつつ羽州街道を巡りました。
 次年度も楽しんでいただけるバスツアーとなるよう、計画しておりますので今後ともどうぞよろく願い致します。

南山形小学校との連携
 9月26日(木)、南山形小学校の「総合的な学習時間」として「南山形地区の歴史的遺産に触れながら地区の魅力を再発見する学習」に協力しました。対象児童は6年生55名、4コースから希望するコースについて事前学習した内容をもとに現地での学習を深めていました。協力者は、地域ガイド4名(①津金沢・上谷柏方面:高瀬紘一氏、➁柏木山・黒沢方面:三宅寛氏、③片谷地・下谷柏方面:横沢誠一氏、④長谷堂方面:佐藤廣志氏)と子ども教育学科の付き添いボランティア学生6名でした 。地域の方と大学、小学生が交流し学び合う貴重な機会となりました。
 ボランティア学生からの感想では、「新たに山形の魅力に気づかされた」「自分達の住む地域 の歴史や宝を守り愛着を覚えることで郷土愛が育まれることを学んだ」「自分の足で歩き目で見て心で感じたことは故郷を誇りに思う気持ちに繋がる」「地域とつながる活動に参加でき有意義な時間になった」など子ども達の学びをサポートすることで教育者しての学びを得る機会となったようです。

13:55 | 実践プラン1
2020/03/30

実践プラン3 DVDの作成

| by kanri1
実践プラン1・2とのコラボレーション企画!

 実践プラン1・2の第3回バスツアーと合わせて、南山形探訪DVD鑑賞会を実施しまた。 南山形コミュニティーセンタにて、昼食前にガイドによる補足もいただきながら、参加者全員で興味深く鑑賞しまた。バスツアーだけは知ることのできなかった、詳しい歴史や文化の解説もあり、南山形についてよく深く学ぶことのできる良い機会となりました。
 次年度も、作成した DVDをより多くの方々に見ていただけるよう、鑑賞の場を考えていきたいと思っております。本学HPや YouTubeでもご覧になれますので、どうぞお気軽にご覧下さい。

13:45 | 実践プラン3
2020/03/27

実践プラン4 南⼭形地区再発⾒の「講座」開設

| by kanri1
第3回講座「⾼瀬助次郎著-百姓⽣活百年記巻弐- 発刊に寄せて」

 今年度は3回の講座を実施しました。⾼瀬助次郎さんをテーマとするのはこの講座で2回⽬でした。前回は、農業者としての⼟地改良事業の先駆者、考古・郷⼟史研究者、そして近代農⺠⽣活・暮らしの考察者を語るシンポジウム、「百姓⽣活百年記」巻壱発刊を受けての講座でした。「南⼭形⾵⼟記」や「南⼭形物語」を系譜とする著作経緯や⺠俗研究としての評価などその輪郭を辿り、その詳細に記録された⾝近な内容に驚かされました。


 そして、今回は、前回に続き⼭形県⽴博物館友の会副会⻑である市村幸夫さんより、巻弐に記された明治末期から⼤正・昭和にかけた内容を中⼼に、他地⽅に残る写真・記述スライドによる⽐較を交え、その時代に⽣きた著者の視点を評論・解説していただきました。この本の特徴は、「⽣きた⽂明・庶⺠史」として、学校、鉄道、道路、電気、乗り物、戦争、農作物⽣産の道具、そして⼤⽕や震災までを農⺠の⽬で、こと細かに「百姓の⼼」を書き残しているところです。


 ⼀つ⼀つの項⽬に溢れる農業と郷⼟への誇り・思いは、次世代へ引き継ぐ「⼭形の宝」であり、刊⾏に携わった⽅々に感謝するともに、より多くの⽅にこの著作に触れていただきたいと思います。


 また、次年度も南⼭形に眠る貴重なお宝の再発⾒や保存に向けて有意義な会となるよう計画しているところです。今後ともどうぞよろしくお願い致します。


16:11 | 実践プラン4
2020/03/27

実践プラン5「⾕柏⽥植踊」(20数年中断中)の復活・継承運動

| by kanri1

「⾕柏⽥植踊」全4演⽬復活!!

 今年度は第4期⽣である学⽣と地域在住の⽅々の合計24名のメンバーで各種公演に参加しました。⾕柏⽥植踊の演⽬はビデオに残されていたのが4演⽬のみでした。1期⽣から毎年1演⽬を習得していき、4年⽬の今年で4演⽬すべてを演じることができたのは⼤いなる成果でした。

●2019年度メンバー
[東北⽂教⼤⽣11名]
 ○中太⿎:遠藤諒夏
 ○源内棒:渋江颯太・村⼭ 卓
 ○早⼄⼥:菅井梨帆・⼟⽥有紗・恒儀⽇菜・中島愛美・三浦麗奈・森⾕ 愛
 ○陰太⿎:笹原捺希・⿃前拓也
[地域在住者13名]
 ○唄:伊藤哲雄・⽯井慶市・丹野裕志・⾼瀬勲・福井隆夫
 ○笛:情野卯エ⾨
 ○鉦:⾦沢英雄
 ○⼝上:枝松昭雄・横沢正⺒
 ○寄せ太⿎:東海林明美・中村京⼦・渡辺千⽮⼦・渡辺正江
< 2019年度出演実績 >
●3⽉16⽇(⼟) ⼭形市⺠俗芸能⼤会⼭形市⺠会館⼩ホール(※前年度であるが、今年度4期⽣出演)
<10⽉12⽇(⽇)「東北⽂教祭」は台⾵のため急遽中⽌>
●10⽉27⽇(⽇) 午前︓北海道・東北ブロック⺠俗芸能⼤会県⺠会館⼤ホール
●10⽉27⽇(⽇) 午後︓南⼭形地区⽂化祭南⼭形コミュニティーセンター
●11⽉23⽇(⼟) 最上地区⺠俗芸能フェスティバル新庄市駅舎「ゆめりあ」
●12⽉7⽇(⼟) 特別養護⽼⼈ホーム「きらめきの⾥」慰問公演天童市


15:49 | 実践プラン5
2019/10/16

実践プラン4 南山形地区再発見の「講座」開設

| by kanri1
須川の埋没林保存に向けて・・・

 埋没林保存をテーマとする講座は、仙台「地底の森ミュージアム」探訪(2016年)を皮切りに、昨年、一昨年と専門家を招きシンポジウムを開催しました。昨年は、鼎談のまとめとして、具体的な保存に向けた検討委員会の設置が提案され、今年度、山形の宝事業から派生した「須川氷河期の埋没林対策委員会」が始動しました。

 7月20日(土)開催のフォーラムは、その対策委員会の意向を踏まえ、参加者による意見交換を重視し、地区全体の「埋没林に寄せる熱い思い」を語り合う交流型の形式で開催しました。特に開催案内のチラシは、カラー印刷で、未来に向けた保存を呼びかけるとともに、「貴重な自然遺産・埋没林」の啓発イラストを掲截し、南山形地区全戸配布としました。当日は、県教育庁からの来賓2名を含め54名に参加いただきました。
 3部構成による第1部では、山野井徹山形大学名誉教授から「埋没林は宝か」という問いかけで講話が始まり、埋没林の魅力と存在意義に、参会者は興味深く耳を傾けました。
 第2部では、「かけがえのない貴重な宝」として、理解を深め広げてきた9年間の保存活動の記録をスライドで辿り、また、河川整備も含めた行政への要望活動が紹介されました。
 そして、注目の第3部の意見交換では、一部掘り出しによる公的施設保存方法の提案や地区全体の野外ミュージアム構想が提案されました。
 参会者からは、「行政に働きかけて早急に保存すべき」との声や、「埋没林を象徴としながら太古へさかのぼれるエリアの設置」や「南山形の誇るべき史跡や記念物による地域おこしを進めることで、地区全体の気運を高めることが必要」などが語られました。これまでの講座から一歩踏み出した有意義なフォーラムとなりました。

*****今後の予定*****
講座講師
日時・会場
第2回
 「羽州街道を巡る」
 ―南山形地区の羽州街道―

梅津 保一氏
(山形県地域史研究協議会会長)
9月7日(土)
13:30~15:00
南山形コミュニティセンター
第3回
 高瀬助次郎著~百姓生活
  百年記 巻弐~発刊によせて

市村 幸夫氏
(山形県立博物館友の会副会長)
11月9日(土)
13:30~15:00
南山形コミュニティセンター

15:19 | 実践プラン4
1234