活動報告

報告一覧 >> 記事詳細

2017/09/25

実践プラン5 「谷柏田植踊」(20数年中断中)の復活・継承運動

| by kanri1
 今年度に入ってから、前年度までの田植踊り有志学生団体は、「民俗芸能サークル『舞』」という名で自治会同好会として認められ、谷柏田植踊保存会の地域の方々と共に復活・継承活動に励んでいます。その新しい組織に加入した学生8名(2年生)は、毎週火曜日午後5時30分から331教室において田植踊りの練習を続けています。(新入部員随時募集中です)

 今年度始めての外部公演は、「日本一さくらんぼまつり」の第一日目6月17日(土)に行われた「ふるさと芸能のつどい」でした。山形市七日町通りの野外ステージ2か所で、第1演目「お正月」を披露してきました。新しいメンバーでの初披露でしたので、若干の緊張もありましたが、堂々の発表に大きな拍手をいただき、今年度も地域の方々との合同練習の成果を示すことができたと思います。
 その後は、9月23日(土)東根市のタントクルセンターで行われた「Look forエブリィ伝承祭」に出演させていただきました。かの有名な「盛岡さんさ踊り」との共演でした。この公演では第2演目「思う人」の初披露となりました。

 さらに今後は、10月8日(日)東北文教祭、10月15日(日)南山形商工会創立50周年記念祝賀会、10月29日(日)南山形地区文化祭に出演させていただく予定です。昨年度に引き続きまして、復活後間もなく多くの実演する機会をいただいておりますことを大変嬉しく思います。
 今後も谷柏田植踊保存会と民俗芸能サークル「舞」とで協力し合い、連携しながら復活・継承活動に努めていきたいと思います。
14:49 | 実践プラン5