活動報告

報告一覧 >> 記事詳細

2021/08/20

東北文教大学・南山形地区創生プロジェクト 2020年度全体報告

| by kanri1
 東北文教大学・南山形地区創生プロジェクトとは、南山形に根付く文化財(文化資源)を積極活用した地域振興策を大学と南山形地区がタッグを組み、新しいかたちの地域連携を目指すことを目的として立ち上げられたプロジェクトです。本学の学生・教職員および地域のプロジェクト委員・協力委員と共に、具体的に5つの実践プランに分かれて活動しております。本プロジェクトは、2016年度から本格的に始動し、2020年度で5年が経ちました。

 2020年度当初に予定しておりました各実践プランの計画の多くは、非常に残念ながら新型コロナウイルスの影響により、中止せざるを得ない状況となってしまい、皆様にもご迷惑をおかけしてしまいました。簡単ではございますが、以下2020年度各実践プランの活動概要です。

 実践プラン1 「2万年の歩みを刻む南山形を知る・楽しむ」活動 

南山形周遊バスツアーは新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止。

 実践プラン2 「南山形地区ガイドマップ」作成 

2018年度にマップが完成し、バスツアー時に活用していたが上記同様中止。

 実践プラン3 DVDの作成 

2018年度に全3編完成済み。鑑賞会(上映会)の企画の中止。

 実践プラン4 南山形地区再発見の「講座」開設 

新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止。

 実践プラン5 「谷柏田植踊」の復活・継承運動 

感染防止対策を講じながら引き続き継承活動に励み、5つの場で実演。

※以下は、2020年度特に活動の多かった「谷柏田植踊」の活動についての詳細をご報告致します。


14:26