活動報告

報告一覧 >> 記事詳細

2020/03/30

実践プラン1 2万年の歩みを刻む南山形・プラン2 ガイドマップ作成

| by kanri1
実践プラン1「2万年の歩みを刻む南山形を知る・楽しむ」活動
実践プラン2「南山形地区ガイドマップ」作成
第3回 羽州街道コース

 9月28日(土)、今年度第3回目の野外ミュージアム南山形周遊バスツアーを実施しました。「自然・茂吉コース」、「いにしえの郷コース」に続き、今回は「羽州街道コース」を巡りました。今回の参加者はリピーターの方が半数以上いらっしゃったため、須川の埋没林ではビギナーコースとアドバンスコースに分かれて、ガイドを進めました。今回の昼食では、初の試みとして、南山形コミュニティーセンターにてDVD鑑賞会及び芋煮会を実施しました(DVD鑑賞会の様子は次ページに掲載)。芋煮は与右エ門亭さんにご協力いただきました。美味しい芋煮を食べて会話も弾み、心もお腹もいっぱいに満たされました。午後は、渡辺久右エ門家にて貴重なお宝を拝見させていただき、最後は、バス車内でガイドを聞きながら、昔の風景を思い浮かべつつ羽州街道を巡りました。
 次年度も楽しんでいただけるバスツアーとなるよう、計画しておりますので今後ともどうぞよろく願い致します。

南山形小学校との連携
 9月26日(木)、南山形小学校の「総合的な学習時間」として「南山形地区の歴史的遺産に触れながら地区の魅力を再発見する学習」に協力しました。対象児童は6年生55名、4コースから希望するコースについて事前学習した内容をもとに現地での学習を深めていました。協力者は、地域ガイド4名(①津金沢・上谷柏方面:高瀬紘一氏、➁柏木山・黒沢方面:三宅寛氏、③片谷地・下谷柏方面:横沢誠一氏、④長谷堂方面:佐藤廣志氏)と子ども教育学科の付き添いボランティア学生6名でした 。地域の方と大学、小学生が交流し学び合う貴重な機会となりました。
 ボランティア学生からの感想では、「新たに山形の魅力に気づかされた」「自分達の住む地域 の歴史や宝を守り愛着を覚えることで郷土愛が育まれることを学んだ」「自分の足で歩き目で見て心で感じたことは故郷を誇りに思う気持ちに繋がる」「地域とつながる活動に参加でき有意義な時間になった」など子ども達の学びをサポートすることで教育者しての学びを得る機会となったようです。

13:55 | 実践プラン1